Monday, June 27, 2016

Warsaw, Poland

This was the first time I visited a country where I literally knew zero words of the country's language. I've learned so much ha out Poland since middle school and I'd been looking forward to finally seeing the name in our textbooks in real life. When I finally arrived, I learned that people don't really speak English and a lot of times will not try to. That's when I started panicking. I saved the overflowing tears and slight breathing problems until I arrived in my hotel room. It's all an experience worth living through at the end but it wasn't quite the start I had in mind.

始めて一言も分からない国へ行ってきました。中学の頃から教科書によく出てきたポーランドの首都ワルシャワで約1日を過ごしました。行く前はただ楽しみという思いしかなかったのですが、着いたら英語がなかなか伝わらない国だと分かり、かなりパニックになってしまいました。ホテルに着くまで待ちましたが、部屋に入った途端涙が溢れ出てちょびっと過呼吸気味になり、ちょっと見っともない姿になってしまいました。何事も経験ですが、思い描いていたスタートとは少し違うものなりました。


When I finally calmed down I told myself to get outside because I'm finally in the city that I've wanted to visit and because I'm only here for a day. I decided to take a walk at the HUGE Łazienki Królewskie garden.

少し落ち着いてから「せっかく楽しみにしていたポーランドだし、1日しかないんだから外のでなきゃ!」と思い、Łazienki Królewskieという大きな公園に行ってきました。




This garden was full of beautiful flowers that were designed for each appropriate location of the park. A castle and monuments of famous people like Chopin amongst many others were also scattered about.

ただの公園ではなく、綺麗なお花でデザインされた場所が幾つもありました。お城やショパンなどの超名人の銅像なども園内に散らばって立っています。



I was there between the evening and sunset so I was able to witness the red lanterns flash on as the sky turned black. The motif was a Chinese Garden and illuminations relates to China were set out as well. It kind of took my breath away.

ちょうど日が暮れる時間にいたので、暗くなった瞬間パッと赤い提灯が明るくしてくれました。「チャイニーズ・ガーデン」をモチーフにしてデザインされたそうで、他に中国にちなんだキャラクターのイルミネーションもたくさんありました。


It was getting a bit too dark to see everything so I tried again the next morning. 
Here's the Chopin Monument.

さすがに暗すぎて全て見れなかったので、翌朝に再トライ。
チョパンの銅像。



Pink and white flowers surrounded Chopin, while benches sat around the flowers for guests to relax at.

銅像の周りにはピンクと白のお花が咲いており、それをたくさんのベンチが囲んでいました。


Once I walked through the garden, I continued onward to find a view of a very cute looking neighborhood. I finally started to see some tourists around here. 

公園を通り抜けて真っ直ぐずっと歩いていたら可愛らしい街並みが見えてきました。ここら辺でやっと他の観光客を発見しました。




There was an event going on and they called this road the "Fashion Road." Each tent hosted the works of individual artists and it was quite lovely walk through.

イベントでファッションロードというものが行われていました。白いテントの中に各デザイナーの作品が飾られていました。


I found a photo exhibit of Popand in the 1900s just laid out on the street.

本当に何にも予想していなかった場所にポーランドの1900年代を振り返る写真展がありました。


The tomb of the Unknown Soldier commemorates the unknown soldiers who lost their lives fighting for Poland.

Tomb of the Unknown Soldier - 日本語の名前が出てこないのでしが、直訳したら「忘れられた兵士のお墓」です。ポーランドのために戦い、命を亡くした名の無い兵士達のお墓です。


I absolutely fell in love with this tiny village surrounding the Warsaw Castle. I couldn't help but just sit and stare at
the view for a few moments. I guess I was too caught up in the view because I completely forgot to take a picture of the castle! Oops.

ワルシャワのお城の周りの街並みです。本当に本当ににキレイで少しの間座って眺めてました。そんなわたしですが、肝心なお城も写真を撮るのを忘れてしまいました。なんだか相変わらずって感じですね。





The Uprising Museum was one of the best that I've ever been to. I couldn't help but be at awe with the design and sound effects. There were constant sounds of loud banging and shots fired to build up the feel of the visuals created by life size airplanes, newspapers, and videos.
It was l very much a "see and feel" kind of museum. 

Uprising Museumといって、ポーランドの独立までを描いた博物館に行ってきました。入った途端思ったのが「わーかっこいい!!」でした。ポーランドの歴史とは全く矛盾した感情ですが、本当に当時の現状が分かるように銃砲の音が常にバックに流れていて、少し薄暗く、実物大の飛行機や新聞などによるデコレーション、ビデオなどから、本当によくできている博物館だなと思いました。読んで学ぶというよりかは見て、感じて学ぶことができる場所でした。


I needed to try some Polish cuisine! The name of this dish was Russian Dumplings with Cranberry Sauce (<--the waitress said it is also a Polish dish). The dumplings were filled cottage cheese, which matched really well with the tart sweetness of the sauce.

せっかくの始めてのポーランドだったので伝統的なものが食べたいと思いました。ロシアンスタイルの水餃子(?)とクランベリーソースです。ラビオリの中にはコッテージチーズが入っていて、甘いソースと上手く絡み合っていました。


What I've felt the most from the Europe trip so far is that the feeling of time becomes looser as we move East. I was surprised to find that the Polish really just go with their own pace no matter if it's dark outside or if there are many people trying to get in a certain direction. At the same time, I didn't realize how fast I walked - like I passed so many people and I was just walking at my normal speed! I guess I still have that "Time is money" mentality, which I won't say is a bad thing! 
Anyways, it was a 24 (plus a bit more) hours of many experiences.

今回のヨーロッパ旅行で感じていることは、ヨーロッパは東に行くほど時間がゆったりしているなということです。ポーランドでは驚くほど時間を気にせずみんな動いているなと思いました。外が真っ暗でも、周りに人がたくさんいてもみんなゆーくり歩いてました。逆に自分の何人も追い抜く歩く速さに驚きました。笑
短い時間でしたが、なんだか色んな経験んができた24時間(プラスちょっと)でした。

1 comment:

  1. 一人暮らしに慣れてしまって、他に2人いるだけで1日の流れが変わります。あゆちゃんのブログを見るのも忘れるくらいに。
    英語が通じない国もあるんだね。5ヶ国語話せるようになりたい、の中にロシア語も入れないとね。
    世界中の写真がiPadの中に貯まるのが楽しみです。気をつけて旅を続けて下さい。

    ReplyDelete